失敗しない美容師求人の選び方

main-img

カリスマ美容師という言葉が一世を風靡したのも、今は昔。

美容院の経営状況は大変厳しく、新しい店舗が出来てはいつのまにか閉店してしまうというのを繰り返しています。美容師を目指し、求人に応募する際はその美容院がどのような客層に愛されて、一日にどれくらいの人数を相手にしているのか、しっかりと調査しておくことが大切です。

また、美容師はお客さんとの一対一の勝負だというイメージもありますが、新人のときは特にオーナーや他のスタッフとのコミュニケーションが大切になります。

マイナビニュースの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

まず、美容院の雰囲気としてスタッフの会話に注目しましょう。



お客さんを相手に自分のことばかり話していたり、質問ばかりを繰り返しているスタッフがいる美容院は、リピーターが少ないと考えられます。常連さんが通う美容院ならば、会話の内容が既に意思疎通をできたものとして交わされているはずだからです。
また、外でクーポンを配っている美容院の求人に応募するときは注意しましょう。

口コミが少なく、広告活動に時間と費用を割いてしまっています。新規オープンならともかく、長くある美容院にも関わらず広告活動を行うというのは、評判があまり良くないと考えられます。


そもそも美容師はお客さんの満足がいくセットを施し帰ってもらうのが仕事です。

チラシ配りやクーポン配布が仕事ではありません。とくに女性は本当に満足の行くサービスを受けると、その事実を誰かに話したいという欲求が生まれます。

広告ではなく口コミで評判が広がっている美容院の求人に応募することが好ましいでしょう。



わかりやすい

subpage-01

テレビ番組やファッション雑誌で取り上げられるような、オシャレな美容院で働きたいと思っていたけれど、採用されなかったので、今では仕方なく、地元の小さなお店で働いているという方もあるかも知れませんね。しかし何年も同じところで働いていると、それなりの技術を習得できるので、スキルアップのためにもっと別のところで修業したいと思うなら、再度オシャレな美容院の面接を受けてみることをおすすめします。...

more

○○の秘密とは?

subpage-02

美容師として、転職を検討している人は多いです。美容の業界では、慢性的な人材不足の状態が続いており、常に美容師の求人を行っている美容院が多いです。...

more

必見!○○

subpage-03

世の中は何が起こるかわかりません。現代では女性も一人前に働く世の中となりました。...

more

○○について

subpage-04

美容師の求人を探すなら、美容雑誌をチェックしてセンスのあったお店のホームページやフェイスブックなどをチェックして求人募集しているかどうかを探すのがおすすめです。メールでそのまま問い合わせをすることができることもありますし、待遇についても質問することができます。...

more